YEAR

2016年

    「GADV Hypothesis on the Origin of Life」が発刊されました

    生命の起源に関する「GADVタンパク質ワールド仮説」の本「GADV Hypothesis on the Origin of Life -Life emerged in this way!?-」をドイツのLambert社から英語版で出版しました。以前、池原が京大出版から出版した日本語版「GADV仮説 生命起源を問い直す」にさらに最近の考えを入れ込んだ本です。ぜひ大勢の皆様に御覧いただきたく思いますの […]

    第2回けいはんなラボセミナーが開催されました

    大阪産業大学教授で株式会社オーエスユーの代表取締役の山田修氏に「非酸化物セラミックスと生命誕生」と題して講演していただきました。燃焼により非酸化物セラミックスを合成することに成功されたということで、そのデモンストレーションもしていただきました。 山田先生の講演要旨は、下記に示すように、約38億年前に、この非酸化物セラミックスが存在し、生命誕生に関与した可能性があるということです。今後、池原の「GA […]

    第64回けいはんなサイエンスカフェ 「生命誕生への道が見えてきた!?~GADV仮説を中心に~」

    第64回けいはんなサイエンスカフェのお知らせです。 題名: 「生命誕生への道が見えてきた!?~GADV仮説を中心に~」 日時: 平成28年4月27日(水)17時00分~19時00分 場所: けいはんなプラザ ラボ棟2階 「天の川」 詳細はG&L共生研究所の記事へ。

    tRNAの特異な形状は、ヌクレオチドの配列から決まってくるのですか?

     質問の人 tRNA(転移RNA、transfer RNA)はとても妙な形をしていますが、ヌクレオチドの配列から形が決まってくるのでしょうか?あの形でないとうまく機能しないのでしょうか? tRNAの特異な形状として知られていますのは、二次構造としてのクローバーリーフ(クローバー葉)構造と三次構造としてのL字状構造です。このクローバーリーフ構造は、塩基対の形成によって生み出されます。したがって、二次 […]

    DNAのチミンは、RNAでは何故ウラシルに変わるのですか?

     質問の人 DNAでアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4種類の塩基が使われているのはわかります。それなのに、RNAになると、さらっとチミンがウラシル(U)に代わっています。それに対する説明も。特に見たことはありません。4種類のうち、一つだけが入れ替わっているなんて、どう考えても不思議なんですが? この点につきましては、一般的には次のように考えられています(私も同意見です […]

    GADV仮説に対する、別の角度からの傍証となるような他の研究がありますか?

    質問の人 GADV仮説が正しそうだと思えても、それを支持する他の手法なりデータが出てこないと、たくさんの人の納得や理解が得られないのではないでしょうか? GADV仮説の傍証となるような研究は進んでいるのでしょうか? GADV仮説に対する、別の角度から傍証となるような他の研究が行われるためには、まず、他の研究者がGADV仮説を支持することから始まります。現在、少しずつRNAワールドでは生命の起源を説 […]

    GADV仮説を実証するにはどうしたら良いですか?

     質問の人 GADV仮説に説得力があるととしても、それが実証できないとなかなか多くの人々の納得を得るのは難しいのではないでしょうか?実験的な実証ができないものでしょうか? GADV 仮説の最大の弱点が、実験的な証拠の少ないことです。 そのためもあって、大石先生(G&L共生研究所所長)のご支援を受けて「けいはんなプラザラボ」の一室を借り実験を開始しているのです。 その中で、どのような実験をす […]

    セリンのほうがより簡単なアミノ酸なのに、何故GADVなのですか?

     質問の人 セリン(Serine、Ser、2-アミノ-3-ヒドロキシプロピオン酸)はアミノ酸の中では比較的簡単な構造をもっていると聞きました。まずは簡単なアミノ酸から初期のタンパク質には使用されていくだろうということは想像に難くなく、それならGADVの中にS(セリン)が含まれていないのはおかしいのではないでしょうか? 確かに、セリンはアスパラギン酸やバリンよりも構造の簡単なアミノ酸ですし、原始地球 […]

    第1回G&L共生研究所けいはんなラボセミナー

    G&L共生研究所は、京阪奈学研都市のけいはんなラボ棟に先月から入居して、「生命の起原」研究を開始しました。そこで、まず第1回のG&L共生研究所けいはんなラボセミナーを国立国会図書館関西館において開催する運びとなりました。下記案内ポスターで示しました「生命起源の謎に迫る「GADV仮説」について」と題して、池原健二奈良女子大学名誉教授がお話しします。関西館の蔵書や契約データベース、公衆 […]