CATEGORY

よくある質問・素朴な疑問

    最初に起こったのは[GADV]-アミノ酸の産生? ペプチド結合の促進?

    質問の人 最初にできた触媒能を有するタンパク質は、まず[GADV]-アミノ酸を産生するような機能を有していたとお考えでしょうか? あるいは、[GADV]-アミノ酸は何もしなくても豊富に存在していたので、それらのペプチド結合を促進するような機能を有していたとお考えでしょうか? 私は、上の二通りの考えの内、最初にできた触媒能を有する未熟な [GADV]-タンパク質は、[GADV]-アミノ酸を産生するよ […]

    隕石衝突によるアミノ酸発生の発表について

    質問の人 アミノ酸の自然発生メカニズムとして、隕石衝突も一つの可能性として出てきましたが、これも[GADV]-タンパク質ワールドの真実性を後押しすることになると素晴らしいと思うのですが、どうでしょうか? はい。アミノ酸の合成、それも[GADV]-アミノ酸の合成に関しては、ミラーの実験や熱水噴出孔、隕石の重爆撃による合成のほか、[GADV]-アミノ酸を含む隕石や宇宙塵による地球への持ち込みなども知ら […]

    タンパク質代謝系の方が先に出来た?

    質問の人 [GADV]-タンパク質ワールドから生物が発展したとすると、代謝経路としては解糖系よりもタンパク質代謝系の方が先に成立したとは考えられないでしょうか。それが確立した後に、エネルギー蓄積としてより効率のいい解糖系が主流になったと。また、タンパク質代謝では早期に各アミノ酸のアミノ基が転移してグルタミン酸となることから、グルタミン酸というアミノ酸は割と初期に生成されるようになったのでは、と思う […]

    遺伝暗号:トリプレットのその先?

    質問の人 質問1 GNC→SNS→標準遺伝暗号と来て、この標準遺伝暗号がまた何か新しいものになる可能性はあると思いますか?あるいは、トリプレットという形式のもとでシングレット→ダブレットと発展し、標準遺伝暗号で実質的にもトリプレットになり、これで大方完成ではないかとお考えでしょうか。 質問の人 質問2 「遺伝暗号はなぜ初めからトリプレットの形式を取ったか?」という問いが立てられると思うのですが、こ […]

    GADVタンパク質による擬似的な自己複製へのGNC遺伝子の関与

    質問の人 GNC暗号に関して、この段階ではGADVタンパク質による擬似的な自己複製を想定されているとのことですが、この過程にGNC遺伝子はどのように関与しているんでしょうか。 元々、私は、ミラーの実験で知られていますように、原始大気への放電現象等を通して蓄積した [GADV]-アミノ酸が海辺などの岩の窪み等の中で蒸発乾涸が繰り返される中で、多数の [GADV]-タンパク質(実際には、[GADV]- […]

    アミノ酸の最適個数と塩基対数(情報理論的な観点から)

    質問の人 量子力学を用いた情報理論的な観点から、塩基対3つからなる信号においてはアミノ酸の最適個数は20なのではないかという議論があります: https://core.ac.uk/download/pdf/25311547.pdf https://www.ias.ac.in/article/fulltext/pram/056/02-03/0367-0381 前者の論文において、塩基対2個の場合には […]

    1コドンが塩基3個である理由とSNS原始遺伝暗号

    質問の人 SNS原始遺伝暗号を構成するアミノ酸の個数は20の半分の10である一方、1コドンを成す塩基対の個数は3のままであるのは、なぜなのでしょうか? 1コドンが塩基対3つからなる理由として、「塩基対4種が3つ並ぶ場合の数が4^3=64で、アミノ酸の数20を上回るからだ」という説明をよく見るのですが、アミノ酸が10ならば4^2=16>10となり、SNS原始遺伝暗号においては2塩基対からなるコ […]

    エピジェネティクスとGADV仮説?

    質問の人 近年、遺伝子のスイッチを着目する「エピジェネティクス」が研究されています。その中で、「エピジェネティックな目印には、DNAにつく目印(DNAメチル化)とヒストンにつく目印(ヒストン修飾)の2つが知られている」とあります。ヒストンがタンパク質であり、そこにDNAが巻き付いている点、DNAメチル化がCpG配列のCに認められる点は、始めにタンパク質ありきというGADV仮説、およびGNC-SNS […]

    「土星衛星エンケラドス模擬熱水環境でペプチド合成ができた」のインパクトは?

    質問の人 「土星衛星エンケラドス模擬熱水環境でペプチド合成ができた」という発表は、様々な環境でペプチド合成が可能であることを示唆していると思われるのですが、この点に関して、どのようにお考えでしょうか? 『土星衛星エンケラドス模擬熱水環境でペプチド合成ができた』ということは確かに様々な環境でペプチド合成が可能であることを示しています。『土星衛星エンケラドス模擬熱水環境』でアミノ酸が重合した(ペプチド […]

    アミノ酸なしのペプチド形成もタンパク質ワールドをサポートする?

    質問の人 ペプチドがアミノ酸なしで形成できるという発表に関して、生命の起源の観点からどのようにお考えでしょうか? この論文は、『ペプチドがアミノ酸ではなく、アシル-α-アミノニトリルを出発物質として合成できることを示した』ものです。確かに、アミノ酸を経由せずにアシル-α-アミノニトリルからペプチドができるということは、ペプチド形成がこれまで考えられていたものより容易にできた可能性のあることを示して […]