エピジェネティクスとGADV仮説?

質問の人
近年、遺伝子のスイッチを着目する「エピジェネティクス」が研究されています。その中で、「エピジェネティックな目印には、DNAにつく目印(DNAメチル化)とヒストンにつく目印(ヒストン修飾)の2つが知られている」とあります。ヒストンがタンパク質であり、そこにDNAが巻き付いている点、DNAメチル化がCpG配列のCに認められる点は、始めにタンパク質ありきというGADV仮説、およびGNC-SNS原始遺伝暗号仮説と何か呼応しているようにも感じられますがいかがでしょうか?
質問の人
また、エピジェネティックな情報を通して後天的な獲得形質が遺伝するという可能性については、セントラルドグマを逆方向に進む、すなわちタンパク質からDNAへの流れを表しているかもしれません。これもまたGADV仮説に符合し、原初的な進化の過程においてはむしろタンパク質からDNAへの伝搬が「ノーマルなフロー」であることを示してはいないでしょうか?
WIRED.jp

DNAという「生命の設計図」に書き込まれた遺伝子は、環境や生活習慣によって変化することが近年の研究でわかっている。「エピ…

Science

Parents provide genetic information that guides the developm…

DNAのメチル化やヒストンのメチル化やアセチル化(ヒストン修飾)が見られるからといって、『始めにタンパク質ありき』とは言えません。なぜなら、それらの化学修飾を行う酵素はDNAの遺伝情報に書き込まれた酵素から生まれたと考えるのが普通だからです。したがって、GADV仮説、およびGNC-SNS原始遺伝暗号仮説と関係しているわけではないと考えています。

また、エピジェネティックス(後生的な制御)が『タンパク質からDNAへの流れを表している』わけではないと思います。なぜなら、もしも、『タンパク質からDNAへの流れを表している』と考える場合、『タンパク質のアミノ酸配列がDNAの塩基配列に移されている』ことを確認する必要があるからです、しかし、エピジェネティックスは上で書かれているように、DNAのメチル化やヒストンのメチル化やアセチル化(ヒストン修飾)よって行われている制御です。そのため、『タンパク質からDNAへの流れを表している』わけではないと考えられます。