生命の起源を研究するのは非科学的か? 3

生命は約38億年前の原始地球上で誕生したと考えられている。したがって、生命の起源を研究することは、約38億年というはるか遠い昔の原始地球で起こったことを研究することである。そのような遠い過去に起こった […]


国内学会での発表

特別講演 生命の起原および進化学会(大会運営委員長:浦田秀仁)場所:大阪薬科大学(大阪・高槻)平成24年3月9日(金)午前11時00-午前11時40分 特別講演:生命の起原に関するGADV仮説 池原  […]


国際会議での発表

ISOLAB’05 (in Niigata (Toki Messe), Japan, on from June 27- to July 2, 2005) Nuclease Activity of [G […]


HP立ち上げ中です

HPを現在、立ち上げ中です。 研究者から全く知らない方までいろんな人に興味をもってもらえるようなサイトを目指します。


タンパク質0次構造仮説

全く新規なタンパク質はどのようにして生み出されるのか? 今の地球に棲んでいる生物は20種のアミノ酸からなるタンパク質を使って生きている。それは普遍遺伝暗号(標準遺伝暗号とも呼ばれる)が20種のアミノ酸 […]


GNC-SNS原始遺伝暗号仮説

遺伝暗号の起源解明に向かって 生命活動の源は当然のことながら遺伝子(遺伝情報)とタンパク質(触媒機能)にある。その 遺伝子の働きは遺伝暗号の仲介を受けてタンパク質の合成となって現れ、そして初めて機能す […]


GC-NSF(a) 新規遺伝子生成仮説

GC-NSF(a) 新規遺伝子生成仮説

遺伝子の起源解明に向かって 地球上のどこかで、今でも新たな遺伝子が生み出されているのだろうか。このような質問は、突飛で奇異に感じる読者が多いのかも知れない。しかし、地上、地中、水中、空中、高温、低温な […]